少額の振込みにエコペイズは対応できない

エコペイズの問題点としては、振込の下限を決めていることです。銀行の場合は、数百円程度の振込も実施できるようにしていますから、そこまで金額面で大きな問題は生じません。エコペイズの場合は、オンラインカジノなどの利用を前提としているため、結構高い金額を設定しています。最低金額に達していないような状況の場合、振込対応をされることはありません。

エコペイズの下限は意外と大きなものに

ドルで設定している場合、エコペイズの振込金額の下限は11.15ドルとなります。この金額以上を入れない限り、エコペイズから振込されることはありません。手続きを進めようと思っても、エコペイズ側で止められてしまいます。金額を増やさなければならないと思うと、残されている金額が多くなかったら大変に感じるでしょう。
下限を超えなかった場合は、少しでも増やして対応することになるでしょう。もし11ドル以上残っていなかったら、他の方法でオンラインカジノへ入金した方がいいです。エコペイズが対応しないために、余計な手間がかかってしまいます。

入金下限以上にエコペイズに入金する方法も

下限に引っかかりたくないと思っているなら、入金する方法も用意されています。クレジットカードを活用して、エコペイズにお金を入れる方法も用意されているので、ここで数ドル単位で入れておけば問題ありません。しかし、手数料が非常に高くなっていることと、オンラインカジノの手数料が3ドル程度で簡単に振り込めることを考えると、エコペイズにわざわざ入れる必要性はありません。
クレジットカードの利便性は高いものがありますし、利用している人も多いのは間違いありません。エコペイズのために何かしたいと思っているなら、エコペイズを経由するよりもオンラインカジノに直接使ったほうがいいと思ってください。残されている金額は、ATMで出してしまったほうがいいのです。

少額をエコペイズに残さないようにする

エコペイズは、小さい金額に対応できない傾向があります。クレジットカードなどと違って、小さい金額の入出金は元々できない設定ですから、ちょっとした金額を残さないように注意してください。
大事なことは、ある程度多くの金額を残しておいて、出金対応をして貰う方法です。エコペイズでしっかりと調整しながら、オンラインカジノの利益をどれくらいまで出してもいいのか考えて、残しておく金額を決めてください。10ドル以下にしないように心がけるのです。